近刊・新刊情報 - 最新エントリー

野原慎司・沖公祐・高見典和『経済学史――経済理論誕生の経緯をたどる』日本評論社、2019年7月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1部 古典派経済学を中心として
 第1章 古代・中世の経済認識
 第2章 重商主義
 第3章 フランス経済学の勃興ーー重農主義
 第4章 古典派経済学の形成:アダム・スミス
 第5章 古典派経済学の展開:リカードウ、マルサス
 第6章 古典派経済学の完成:J・S・ミル
 第7章 大陸経済学の形成:フランスとドイツとオーストリア

第2部 変革期の経済学
 第8章 マルクス学派の始まり:マルクスのポリティカル・エコノミー批判
 第9章 一般均衡理論:ワルラス
 第10章 イギリスの限界革命
 第11章 マルクス学派の展開
 第12章 20世紀前半の需要理論:ムア、ヒックスとアレン、サムエルソン

第3部 現代の経済学
 第13章 20世紀半ばの計量経済学:フリッシュ、ティンバーゲン、コウルズ委員会
 第14章 ゲーム理論の始まり:フォン・ノイマンとモルゲンシュテルン
 第15章 20世紀半ばの一般均衡理論
 第16章 行動経済学の由来:期待効用理論からプロスペクト理論へ
 第17章 有効需要論の発展:ケインズとIS-LMモデル
 第18章 経済成長理論の歴史:ソローを中心として
田畑真一・玉手慎太郎・ 山本圭編 『政治において正しいとはどういうことか――ポスト基礎付け主義と規範の行方』 勁草書房、2019年4月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

序章 ポスト基礎付け主義の問題関心[玉手慎太郎、田畑真一]
 はじめに
 一 ポスト基礎付け主義とは何か
 二 ポスト基礎付け主義における規範
 三 ポスト基礎付け主義とデモクラシー
 おわりに

第1章 アゴニズム再考――ポスト基礎付け主義と民主主義[山本圭]
 はじめに
 一 ポスト基礎付け主義とデモクラシー――ルフォールとラクラウ
 二 擬制としての基礎付け
 三 アゴニズム再考――ウィリアム・コノリーと多元主義の政治理論
 おわりに――アゴニズムとスタシス

第2章 われわれは「明白な不正義」に同意できるか――アマルティア・センのアイデンティティ論の検討から[玉手慎太郎]
 はじめに
 一 センのアイデンティティ論
 二 アイデンティティの複数性とポピュリズム
 三 アイデンティティの複数性と明白な不正義
 四 そして連帯の複数性へ
 おわりに

第3章 熟議民主主義における「正しさと政治」とその調停――熟議システム論を中心に[田村哲樹]
 はじめに
 一 熟議システム論における政治の政治理論的契機
 二 熟議システム論における「正しさ」の探究
 三 「熟議的な正しさ」へ
 おわりに

第4章 批判は可能か――再構成に基づく内在的批判の試み[田畑真一]
 はじめに
 一 批判のあり方――内在的批判と外在的批判
 二 再構成に基づく内在的批判
 三 討議倫理――「強い」再構成に基づく内在的批判の一構想
 おわりに

第5章 イデオロギー研究は「政治における正しさ」について何をいいうるか――マイケル・フリーデンの諸研究の検討を通して[寺尾範野]
 はじめに
 一 政治的リアリズムとイデオロギー
 二 マイケル・フリーデンのイデオロギー研究
 三 ケーススタディ――イギリスの自由主義イデオロギー
 おわりに

第6章 教育におけるポスト基礎付け主義――クリティカル・ペダゴジーの検討から[市川秀之]
 はじめに
 一 ポスト基礎付け主義から見た教育の課題
 二 ポスト基礎付け主義とクリティカル・ペダゴジー
 三 基礎付けとしての教育をめぐって
 おわりに

第7章 「教育」を必要とするデモクラシー――ポスト基礎付け主義としてのプラグマティズム再理解に向けて[生澤繁樹]
 はじめに――デモクラシーは「教育」を必要とする?
 一 プラグマティズムの方法――リスの挿話に見る「包摂」と「寛容」のデモクラシー
 二 「探究」はどこに向かうのか?――デモクラシーとプラグマティズムの躓きの石
 三 「探究」の終わりと終わりのなさ――「余計な真理」から「理想的限界」へ
 四 「教育」への問い――「探究」自体を(不)可能にするもの
 五 「教育」の終わりと終わりのなさ――プラグマティズムと「教育」を引き受けるデモクラシー
 おわりに――「過去」と「未来」の探究のあいだで

第8章 「ポスト基礎付け主義」の「後」で?――存在論の政治的〈適用〉をめぐって[柿並良佑]
 はじめに
 一 基礎付けの不在による政治理論
 二 「政治的存在論」の可否
 三 様々な二項対立――論点の再定式化
 おわりに

第9章 基礎付けなき判断――「政治的なもの」としての反省的判断力とその拡張[大河内泰樹]
 はじめに
 一 反省的判断力と政治――アレント
 二 共通の基盤なき共通感覚――ローティ
 三 コモンセンスの再構成としての政治哲学――ロールズ
 四 判断力の歩行器としての「実例」
 五 判断力の教養形成――ブランダム
おわりに

あとがき
事項索引
人名索引
中矢俊博 『ケインズ経済学研究――芸術家ケインズの誕生を探る』 同文舘出版、2018年11月30日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 ケインズと芸術
     −芸術評議会の理念−
第2章 メイナード・ケインズを取り巻く芸術家たち
第3章 ケインズとケンブリッジ「使徒会」
第4章 ケインズの「若き日の信条」
第5章 ケインズの「敗れた敵、メルヒオル博士」
第6章 ケインズの「わが孫たちの経済的可能性」
第7章 ケインズの『自由放任の終わり』
第8章 ケインズの景気循環論
     −『一般理論』第22章「景気循環に関する覚書」−
第9章 ケインズの経済社会哲学
     −『一般理論』第24章「一般理論の導く社会哲学に関する結論的覚書」−

付論1 ケインズとイギリス・ロマン派詩人パーシー・シェリー
付論2 パリ講和会議:一幕劇(『戯曲:ケインズ』より)
 ・西部忠編著 『地域通貨によるコミュニティ・ドック』 専修大学出版局、2018年9月10日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

はしがき

序 章 新たな社会経済政策論の必要性:市場と政府の二分法を超えて

第1編 コミュニティ・ドックと地域通貨
 第1章 コミュニティ・ドック:コミュニティの当事主体による制度変更型政策手法
 第2章 地域通貨:地域経済と地域コミュニティの活性化のための統合型コミュニケーション・メディア

第2編 地域通貨を活用したコミュニティ・ドックの事例研究
 第3章 苫前町地域通貨流通実験(第1次,第2次)
 第4章 韮崎市・北杜市地域通貨「アクア」
 第5章 更別村公益通貨「サラリ」
 第6章 ブラジル・フォルタレザの「パルマス」:制度生態系としてのコミュニティバンクと住民組織

終 章 コミュニティ・ドックの今後の課題
 ・土橋俊寛 『ゲーム理論』 日本評論社、2018年11月20日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

はしがき
序 ゲーム理論とは何か

第1章 ゲーム理論とは何か?
第1部 戦略形ゲーム
第2章 戦略形ゲームとは
第3章 支配される戦略の逐次消去
第4章  ナッシュ均衡
第5章 囚人のジレンマと支配戦略
第6章 複数均衡とフォーカルポイント
第7章 純粋戦略と混合戦略
第8章 利得行列で書き表せない戦略形ゲーム

第2部 展開形ゲーム
第9章 展開形ゲームとは
第10章 部分ゲーム完全均衡
第11章 理論と現実の関係:実験ゲーム理論について

第3部 情報構造が重要なゲーム
第12章 不完全情報ゲーム
第13章 情報不完備ゲーム
第14章 オークション
第15章 逆選択
第16章 シグナリングゲームと完全ベイジアン均衡
章末問題のヒントと考え方
中村宗悦 『テキスト現代日本経済史』 学文社、2018年10月10日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次
まえがき  

第1章 戦前期日本のキャッチアップ過程

1. 自立的資本主義 
明治政府の産業化政策/貨幣制度の確立/銀価低落下での企業勃興

2. 自立的資本主義から国際的資本主義へ  
日清戦後経営/金本位制への移行/日露戦時外債の発行,日露戦後経営

3. 国際環境の変化:第1次世界大戦前後  
第1次世界大戦の影響/大戦景気と米騒動/ヴェルサイユ,ワシントン条約体制/中国の動向

4. 重化学工業化の進展  
製鉄業/機械工業/化学工業/蒸気力から電力へ

5. 大衆消費社会の誕生  
メディアの発達/百貨店の登場,私鉄の発展/大衆消費社会の限界

コラム Э¬叡漏発:台湾の事例  

3. 高橋是清によるリフレーション政策 
高橋財政/恐慌からの脱却/軍部の台頭と後期高橋財政

4. 産業合理化から統制経済へ  
産業合理化論/合理化と清算主義/統制経済

5. ブロック経済下の通商戦略 
海外市場開拓と情報戦略/ 1930年代の経済外交/ 1930年代の貿易構造

コラム◆Ф睨椣明とは何か 



第2章 危機への対応とその挫折

1. 1920年代の日本経済 
昭和金融恐慌/ 4大財閥と新興財閥

2. 金解禁と昭和恐慌 
金本位制への復帰(金解禁)/昭和恐慌/金再禁止へ



第3章 戦時期の日本経済

1. 大恐慌への各国の対応  
ニューディール政策/社会主義計画経済/ファシズム

2. 日中戦争から太平洋戦争期の日本経済  
戦時統制経済の開始/第2次世界大戦勃発と統制経済の深化/太平洋戦争の開戦

3. 戦時統制経済の挫折と戦争の帰結  
食糧と電力の国家管理/「満州国」での実験/財閥の変容,地主制の弱体化/敗戦

4. 戦時下の国民生活  
資源配分の歪みがもたらした生活困窮/物資統制とインフレ/徴兵・動員・銃後

5. 戦後国際秩序の模索と構築  
大西洋憲章と大東亜共同宣言/戦後構想の具体化/日本の戦後構想

コラム:「1940年体制」論  



第4章 戦後復興と冷戦体制

1. 被占領下での戦後改革  
非軍事化と民主化/財閥解体と独占禁止政策/労働民主化と労働組合/農地改革と地主制の解体

2. 戦後インフレーションと安定化政策  
敗戦直後の経済状況/石橋湛山の復興政策/ドッジ・ライン/シャウプ勧告

3. 東西冷戦の開始と朝鮮戦争  
朝鮮戦争特需/経済復興の本格化

4. 高度成長への序曲  
もはや「戦後」ではない/戦後の新企業ソニーとホンダ

5. 復興期の国民生活  
敗戦直後の国民生活/ベビーブームと進学熱

コラムぁЮ亢驚校海侶从兩策  



第5章 高度経済成長の時代

1. 経済成長の要因ゞゝ襯汽ぅ鼻 
生産関数/高かった全要素生産性の寄与度

2. 経済成長の要因⊆要サイド  
「三種の神器」/投資が投資を呼ぶ

3. エネルギー革命と世界市場拡大  
エネルギー革命/石炭産業の衰退,原子力発電事業の遅れ/自由貿易の拡大,規模の経済の追求

4. 高度成長期の経済政策  
国民所得倍増計画/東京オリンピック,「昭和40年不況」

5. 高度成長期における国民生活  
消費生活の動向/「一億総中流」

コラムァА嵜邑ボーナス」の時代  



第6章 高度経済成長の時代

1. 高度経済成長の「負の側面」  
過疎・過密問題/公害問題

2. 福祉国家構想  
経済成長にかわる目標/社会保障給付の見直し

3. ドル・ショック,第1次石油危機,狂乱物価  
ブレトンウッズ体制の終焉/第1次石油危機,狂乱物価

4. 高度成長はなぜ終わったのか  
キャッチアップの完了/人口ボーナス時代の終焉/需要サイドの変化/経済成長の条件

5. 高度成長の終焉と消費スタイルの変化  
サービス化,余暇時間の拡大/大学の大衆化/女性の社会進出と消費スタイルの多様化・高級化

コラムΑР獣映画に託された文明批判  


第7章 グローバル化の進展と日米経済摩擦

1. 第2次石油危機と産業構造の転換  
第2次石油危機/省エネルギー化の進展/加工組立型産業の伸長

2. 財政再建と行財政改革  
財政再建に向けて/「一般消費税」導入構想とその挫折/国鉄・電電公社・専売公社の民営化

3. 日米貿易摩擦と先進国による為替協調介入  
自動車貿易摩擦/前川レポート,日米構造協議/プラザ合意

4. アジアNIEsの台頭  
グローバル化の拡大/「漢江の奇跡」/台湾の戦略的工業化/東南アジアのハブ,香港/リー・クアンユーによる開発独裁,シンガポール

5. 金融自由化の開始と「財テク」ブーム  
金融自由化/「財テク」ブーム/アメリカからの金融自由化要求

コラムА日本株式会社論  



第8章 バブルの発生と崩壊
1. バブル経済とは何か  
バブルの発生/バブルの歴史/投機的需要

2. 円高の進行と経済政策  
バブルをもたらした金融緩和政策/ルーブル合意/バブル景気

3. バブルはなぜ崩壊したのか  
遅すぎた再緩和/土地取引の総量規制

4. 消費税導入,「55年体制」の終焉  
消費税法成立/「55年体制」の終焉/阪神・淡路大震災

5. ソ連崩壊,ヨーロッパ統合,中国の台頭  
東欧民主化革命とソ連崩壊/社会主義市場経済/ヨーロッパ統合への道のり

コラム─中流幻想を打ち砕いたバブル経済 




第9章 不良債権問題と金融危機
1. 不良債権問題と金融システムの動揺  
不良債権の拡大/不良債権の処理/住専問題/不良債権処理の遅れはなぜ生じたか

2. 橋本構造改革 
中央省庁の再編/地方分権改革/日本版金融ビッグバンと日銀法改正

3. アジア通貨危機 
タイバーツの暴落/ IMFの緊急支援,通貨危機の拡大

4. ITバブル,経済再生戦略 
ITバブル/経済戦略会議

5. ゼロ金利から量的緩和へ 
ITバブルの崩壊/ゼロ金利導入に至る経緯/インフレ・ターゲティングをめぐる議論/ゼロ金利解除/量的緩和へ

コラム: ITと21世紀の消費社会 



第10章「失われた10 年」の諸相

1. 産業構造の変化  
デフレ不況期の産業構造/リーディング産業論

2. 金融業界の再編成  
メガバンクへの再編過程/異業種からの参入

3. 労働市場の変化  
「就職氷河期」「超就職氷河期」/ニート問題/政府の雇用対策,労働基準法等の大改正/労働者派遣事業の規制緩和

4. 地域経済への影響  
地域経済格差/地域経済の再生に向けて

5. 「長期停滞」をめぐる論争  
「長期停滞」の要因は何か/停滞をめぐる4つの論点

コラム:デフレと「価格破壊」  



第11章 デフレ下での構造改革からアベノミクスまで

1. 小泉構造改革  
「失われた10年」の克服/輸出が「実感なき景気回復」を牽引/不良債権問題の抜本的解決/郵政民営化/財政投融資改革/そのほかの構造改革政策/日本企業のコーポレート・ガバナンス改革

2. リーマン・ショックと東日本大震災  
サブプライム危機からリーマン・ショックへ/東日本大震災

3. 台頭する中国経済と日本  
中国経済の躍進/胡錦濤体制から習近平体制へ

4. アベノミクスの発動  
金融政策のレジーム転換

補遺:消費税増税とアベノミクスの中間評価 
消費税増税/アベノミクスの中間評価/今後の課題

コラム:経済格差問題 
ヤン・エルスター 『酸っぱい葡萄――合理性の転覆について』 玉手慎太郎訳、勁草書房 、2018年10月3日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

「ケンブリッジ哲学古典シリーズ」版への序
まえがきと謝辞
凡例

第一章 合理性
 1 はじめに
 2 個人的合理性――薄い理論
 3 個人的合理性――広い理論
 4 集合的合理性――薄い理論
 5 集合的合理性――広い理論

第二章 本質的に副産物である状態
 1 はじめに
 2 望みえないものを望む
 3 自己管理のための技術
 4 命令
 5 印象づけようという試み
 6 ふりをする
 7 芸術における選択と意図
 8 権力の無能力
 9 自滅的な政治理論
 10 意味の強迫的探求

第三章 酸っぱい葡萄
 1 はじめに
 2 概念の地図を描く
 3 権力・自由・厚生
 4 酸っぱい葡萄と社会選択

第四章 信念・バイアス・イデオロギー
 1 はじめに
 2 状況によってもたらされた信念
 3 利益によってもたらされた信念
 4 バイアスの利得

原注
訳注
解説 『酸っぱい葡萄』の背景と射程(玉手慎太郎)
訳者あとがき
文献一覧
事項索引
人名索引
井上彰編 『ロールズを読む』 ナカニシヤ出版 、2018年10月20日発売予定

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

ロールズを読む・序(井上彰)

第吃堯.蹇璽襯裟亀創世諒法と射程

 第一章 規範的社会理論はいかにして可能か
      ――ロールズ『正義論』の挑戦と挫折(盛山和夫)

 第二章 ロールズと倫理学方法論(松元雅和)

 第三章 安定性から読み解くロールズの転回問題(宮本雅也)

 第四章 ロールズと人権(木山幸輔)

 第五章 ロールズと人生計画
      ――法哲学の観点から(若松良樹)

 第六章 生還者の自尊
      ――善の希薄理論のために(小泉義之)

第局堯.蹇璽襯裟亀創世悗陵諭垢淵▲廛蹇璽

 第七章 ロールズと法理学
      ――ハート、ドゥオーキンとの関係を中心に(田中成明)

 第八章 政治思想史におけるロールズ
      ――政治社会の安定性という観点から(齋藤純一)

 第九章 ロールズと規範経済学(加藤晋)

 第十章 ロールズと経済学史
      ――『正義論』へのナイトの影響が意味するもの(佐藤方宣)

 第十一章 ロールズと生命倫理学(額賀淑郎)

 第十二章 ロールズと社会福祉学
       ――脆弱性を抱えるすべての人々を包摂する正義の理論に向けて(角崎洋平)

 第十三章 企業の社会的責任とロールズ正義論(井上彰)


索引(人名/事項)
バーリ・ゴードン『古代・中世経済学史』村井明彦訳、晃洋書房 、2018年10月20日発売予定

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 プラトン以前
 1 ヘシオドスと自己充足の経済学
 2 ソロンと紀元前六世紀のアテナイ
 3 ペリクレス期アテナイの劇作家とソピスト

第2章 ソクラテス派経済学の考え方
 1 都市国家の衰退
 2 プラトンとアリストテレス
 3 ソクラテス派経済学の基盤
 4 特化の反成長論
 5 目的の科学としての経済学
 6 手段の獲得
 7 クセノポンほかのソクラテス派の寄与

第3章 ソクラテス派経済分析の四論点
 1 貨幣の本質と機能
 2 利  子
 3 共同所有と私的所有
 4 価 値 論

第4章 経済活動に関する聖書や教父の見解
 1 旧約聖書
 2 新約聖書
 3 東方教父
 4 西方教父

第5章 法学者の経済学――ユダヤ法学、ローマ法学、教会法学
 1 ミシュナ
 2 ローマ法の伝統
 3 教 会 法

第6章 聖トマス・アクィナス
 1 経済学の位置づけ
 2 貨幣・利子・銀行業
 3 価値と価格
 4 価値、所有、所得、仕事

第7章 スコラ経済学の貨幣思想、1300‐1600年
 1 貨幣悪鋳が投げかけた問題
 2 停止利益の容認
 3 商品としての貨幣――為替と年金

第8章 スコラ思想における価格と価値、1300‐1600年
 1 十三世紀後半と十四世紀――オリヴィ、スコトゥス、ビュリダン、ランゲンシュタイイン
 2 十五世紀――ジェルソン、ニーダー、サンベルナルディーノ、コンソブリヌス
 3 十六世紀――カエタヌス、ソト、アスピルクエタ、モリナ、ほか

第9章 偉大なるレオナルドゥス・レッシウス
 1 停止利益
 2 貨幣喪失
 3 貸付と為替
 4 価格と市場
 5 賃金の決定
 6 独  占
 7 後代との対比
中村隆之『はじめての経済思想史――アダム・スミスから現代まで』講談社現代新書、2018年6月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 アダム・スミス―資本主義の道徳的条件
第2章 J.S.ミルとマーシャル―労働者階級への分配と成長
第3章 ケインズ―「金融」が資本主義を歪める
第4章 マルクス―「私有」を問い直す
第5章 ハイエク―「私有財産権」の絶対性
第6章 フリードマン―「市場主義」の扇動者
第7章 組織の経済学―現代の経済理論における株主の位置づけ