近刊・新刊情報 - 最新エントリー

稲葉振一郎 『AI時代の労働の哲学』 講談社選書メチエ、2019年9月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

はじめに
1 近代の労働観
 労働とは何か
 アダム・スミス
 G・W・F・ヘーゲル
 カール・マルクス(1) 疎外された労働
 ジョン・ロック
 カール・マルクス(2) 生産/コミュニケーション
 カール・マルクス(3) 疎外の複層性
2 労働と雇用
 雇用・請負・委任(1)
 雇用の二極
 資本主義と雇用
 雇用・請負・委任(2)
 リスクと労働
 資本家の労働
 労働と財産
 産業社会論(1)
 産業社会論(2)
3 機械、AIと雇用
 AI化の前に
 AIブーム概説
 AIと生産現場の変化
 経済学と機械――古くて新しい問題
 労働市場の不完全性
 物的資本と人的資本
 コンピューター
 技術変化・機械化の経済学
 機械化・AI化と雇用
 技能偏向型技術変化
4 機械、AIと疎外
 疎外再び
 資本主義と官僚制
 物神性
 物象化はそう悪くもない?
 人工知能はどこまで新しいか
 人工知能の「人間」化?
 
5 では何が問題なのか?
 「人/物」二分法の解体
 徳と身分
 人と動物、動物としての人
 AIと身分制
 Internet of Things
 第二の自然
 人と動物の間、そしてAI
エピローグ AIと資本主義
 AIと「資本主義と社会主義」
 そもそも「資本主義」とは何か? を少し論じてみる
 グローバリゼーションと情報通信革命
 AIと資本

あとがき
荒木優太編 『在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活』 明石書店、2019年9月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

序 あさっての方へ

第一部 働きながら論文を書く
第一章 職業としない学問/酒井大輔
第二章 趣味の研究/工藤郁子
第三章 四〇歳から「週末学者」になる/伊藤未明
インタビュー1 図書館の不真面目な使い方 小林昌樹に聞く
第四章 エメラルド色のハエを追って/熊澤辰徳
第五章 点をつなごうとする話/内田明

第二部 学問的なものの周辺
第六章 新たな方法序説へ向けて/山本貴光+吉川浩満
第七章 好きなものに取り憑かれて/朝里樹
第八章 市井の人物の聞き取り調査/内田真木
第九章 センセーは、独りでガクモンする/星野健一
第一〇章 貧しい出版私史/荒木優太
インタビュー2 学校化批判の過去と現在 山本哲士に聞く

第三部 新しいコミュニティと大学の再利用
第一一章 〈思想の管理〉の部分課題としての研究支援/酒井泰斗
第一二章 彷徨うコレクティヴ/逆卷しとね
第一三章 地域おこしと人文学研究/石井雅巳
インタビュー3 ゼロから始める翻訳術 大久保ゆうに聞く
第一四章 アカデミアと地続きにあるビジネス/朱喜哲

在野のための推薦本
井田尚 『百科全書:世界を書き換えた百科事典 (世界を読み解く一冊の本) 』慶応義塾大学出版会、2019年8月
 
 版元の紹介ページはこちら

 「世界を読み解く一冊の本」の特設サイトはこちら

----------------------
目次

序 『百科全書』とは何か

機 愽寛柄棺顱戮鯤圓

 1 それまでの専門辞典と『百科全書』の決定的な違い

 2 『百科全書』の書き手と読み手
  いわゆる「百科全書派」の実は多様な実態
  執筆者と読者の主力を担った混合エリート層

 3 『百科全書』刊行計画の三大功労者──ディドロ、ダランベール、ジョクール
  統括プロデューサー、ディドロ
  『百科全書』のアカデミックな顔、ダランベール
  『百科全書』第三の男、「項目製造機」 ジョクール
    
 4 『百科全書』の執筆陣──啓蒙主義のオールスターとあらゆる専門家が結集
  「序論」に記載された執筆協力者のリスト
  「緒言」(第二巻─第八巻)で紹介されている主な執筆協力者のリスト
    
 5 『百科全書』はどのように編纂・刊行されたのか
  チェンバーズ百科事典の仏訳から『百科全書』へ
  度重なるスキャンダルと刊行中断を乗り越えて
  ついに完了した『百科全書』刊行計画
    
供 愽寛柄棺顱戮呂匹ζ匹泙譴燭里
 
 1 宣伝に貢献した反百科全書派の誹謗中傷
 
 2 『百科全書』の普及を後押しした定期刊行物
 
 3 スイス、イタリアを中心にヨーロッパ中に広がる『百科全書』
 
 4 『百科全書』の後世への影響
  欧米および日本の場合
  『百科全書』と啓蒙主義の功罪
    
掘 愽寛柄棺顱戮凌卦ー寒;/祐崔亮韻離優奪肇錙璽化とビジュアル化
 
 1 販売促進パンフレット「趣意書」とディドロの宣伝戦略
  チェンバーズ百科事典というモデル
  学芸の枝分かれをビジュアル化した「人間知識の体系図解」
  編纂者ディドロの役割
  学問と自由学芸を再定義する
  技芸を再評価する
  『百科全書』と小説『ラモーの甥』に通底するもの
  記憶、理性、想像力の三大能力
  記憶に由来する歴史
  理性に由来する哲学
  想像力に由来し模倣を原理とする詩
  人間中心主義的な学芸分類
     
 2 ダランベールの「序論」を読んでみる
  ディドロの「趣意書」との違い
  百科全書派の哲学的プロパガンダ
  感覚論を原理とする人間中心主義的な学芸観
  「有益な知識」と「楽しい知識」の起源
  自然学の諸分野の起源
  自然学以外の学芸の起源
  技芸に対する差別の起源
  「世界地図」としての「人間知識の体系図解」
  知のナビゲーション・システムの限界
  文芸と美術の分野を代表する一七世紀フランスの偉人たち
  哲学の進歩を語る──ベーコン、デカルト、ニュートン
  一八世紀フランスの天才と学芸の擁護
    
検 愽寛柄棺顱戮鯑匹燹∪こΔ鯑匹
 
 1 項目「百科全書(ENCYCLOPÉDIE)」と世界解釈としての辞書編纂
  国益と人類の進歩
  『百科全書』と田園風景のメタファー
 2 機械技術の図解──項目「靴下編み機(BAS)」(執筆者ディドロ)
  「物」を名付けることの難しさ
  図解による技術の可視化と「物」の見方の変革
    
 3 国民の常識を書き換えるディドロ ──文法項目における語彙の再定義
  先行辞典類の再利用
  特権階級に対する諷刺──項目「謙虚な(HUMBLE)」
  ディドロの唯物論的な自然観──項目「不完全な(IMPARFAIT)」
  西欧社会の結婚制度に対する批判──項目「解消不可能な(INDISSOLUBLE)」
  国語の語彙記述がもたらす発想の転換
    
 4 百科全書派の人間観と啓蒙主義的な文明・社会批判
  『百科全書』の大見出しの項目の重要性
  世界と学芸の中心としての人間──項目「人間(分類項目名なし)」(執筆者ディドロ)
  文明人の歪んだ身体──項目「人間(博物学)」(執筆者ディドロ)
  国家の富の源としての人間と土地──項目「人間(政治学)」(執筆者ディドロ)
    
 5 アンシャン・レジーム批判と人権思想
 過重な租税負担と中間搾取に対する批判──項目「租税」(執筆者ジョクール)
 百科全書派による奴隷制批判──項目「奴隷制度」(執筆者ジョクール)
 奴隷制廃止に項目「奴隷制度」は貢献したのか
 「プロライター」ジョクール
    
后 愽寛柄棺顱戮療学的な歴史批判

 1 ディドロによる哲学史項目の迷信・誤謬批判
  知識の四カテゴリーと誤謬の歴史
  ディドロの哲学項目群「(古今の)哲学の歴史」
  古代エジプト人の欺瞞──項目「エジプト人」(執筆者ディドロ)
  エジプト人と競い合ったエチオピア人──項目「エチオピア人」(執筆者ディドロ)
  カルデア人の年代学の疑わしさ──項目「カルデア人」(執筆者ディドロ)
     
 2 「歴史」と「作り話」の違い──項目「歴史(HISTOIRE)」(執筆者ヴォルテール)

 3 占いという迷信──項目「占術(DIVINATION)」(執筆者ディドロ)
  あらゆる誤謬を論破するコンディヤック
  占星術の起源
  ディドロによる書き換えの啓蒙的な狙い
  キケロに託されたフィロゾフの理想像
    
此 愽寛柄棺顱戮汎瓜代の科学論争

 1 『百科全書』の論争的な性格

 2 ニュートン主義を擁護する──項目「引力(ATTRACTION)」(執筆者ダランベール)
  「コピー&ペースト」による編集術
  なぜニュートンの引力説はデカルトの渦動説に勝るのか
  哲学的仮説の域を越えた万有引力の法則
  科学のパラダイム転換に自ら加担するダランベール


おわりに
 『百科全書』と世界の解読
 『百科全書』は世界を変えたのか?──書物と世論をつなぐ談話の力
 『百科全書』とウィキペディア、そして百科事典の未来
 『百科全書』研究の今
 電子化プロジェクトと研究の未来
 日本語で読める『百科全書』入門ブックガイド
 


参考文献
あとがき
山本勲 『人工知能と経済』勁草書房、2019年08月
 
 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

序章 本書の問題意識と概要 [山本 勲]

第1章 マクロ経済──成長・生産性・雇用・格差 [北尾早霧・山本 勲]
 機ゝ蚕竸癖發離泪ロ的影響
 供…其盂丙垢粒搬腓肇好ルプレミアムモデル
 掘仝柩僂瞭鷆鵬修凌陛犬肇織好モデル
 検ゝ蚕竸癖癲Ε泪ロ経済成長とタスクモデル
 参考文献

第2章 労働──技術失業の可能性 [山本 勲]
 機AI技術失業の懸念
 供AI技術失業説の留意点
 掘‘本の労働市場の特性とAIによる影響の大きさ
 検…狭睥霄匆颪砲けるAIの利活用
 参考文献

第3章 教育──資源と成果の変容 [井上 敦・田中隆一]
 機ゞ軌虔野における人工知能への期待と課題
 供ゞ軌ICTの導入と利用の現状
 掘/卦蚕僂教育成果に与える影響に関する理論モデル
 検/郵知能導入による教育資源の効果の変化
 后/郵知能の普及とこれからの教育像
 参考文献

第4章 金融──金融ビジネスとその変容 [小倉義明]
 機.侫ンテックの勃興
 供.侫ンテック(FinTech)の概要
 掘ゝヽ3惱とフィンテック
 検.侫ンテックの経済厚生への影響:これまでの経済学的議論
 后.ラウドレンディングの挑戦
 此.侫ンテックの功罪と今後
 参考文献

第5章 交通──自動運転技術の社会的ジレンマ [森田玉雪・馬奈木俊介]
 機/閥瓩箸覆訖郵知能:自動運転
 供ー動運転の歴史
 掘\莵垳Φ
 検‐暖饉圓瞭仔全僂諒析
 后〃兮嚇な議論の必要性
 参考文献

第6章 生産性──イノベーション戦略の重要性 [元橋一之]
 機“突囘技術としてのIT
 供.咼奪哀如璽拭AI・IoTの補完的関係
 掘‘本のモノづくり企業におけるビッグデータ活用の実態
 検.咼奪哀如璽拭AI・IoT時代のイノベーションモデル
 后AI/IoTの進展と日本のイノベーションシステム
 参考文献

第7章 物価──経済変動メカニズムの変容 [笛木琢治・前橋昂平]
 機,呂犬瓩
 供\莵垳Φ罎両匆陝2つの流れ
 掘AIやロボット化が物価変動に及ぼす影響:実証的な考察
 検AIやロボット化が物価変動に及ぼす影響:理論的な考察
 后〃誅
 参考文献

第8章 再分配──ベーシックインカムの必要性 [井上智洋]
 機AI時代におけるベーシックインカム
 供.戞璽轡奪インカムとは何か?
 掘.戞璽轡奪インカムと他の所得保障制度との関係
 検.戞璽轡奪インカムの歴史と現状
 后AIが雇用に及ぼす影響
 此.戞璽轡奪インカムは不可欠な制度となる
 参考文献

第9章 歴史──「大自動化問題」論争の教訓 [若田部昌澄]
 機,呂犬瓩法А嶌2鵑楼磴Α廚里
 供 崑膽動化問題」論争
 掘,わりに:何を学ぶのか
 参照文献

事項索引
執筆者一覧
中川辰洋 『テュルゴーとアダム・スミス』日本経済評論社、2019年09月
 
 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次
序章 本書の目標と篇別構成
第1章 ホイングの問題提起 ~テュルゴーとスミスの間の「奇妙な符号」の含意~
第2章 テュルゴー『諸省察』とスミス『国富論』の符号と異同
第3章 テュルゴー=スミスの交流の誤諺とミステリーと謎
終章 古典経済学の先駆者テュルゴーとイギリス古典派開祖スミス
付論 「資本」概念生成・成立再論 ~E.キャナンのアダム・スミス「資本」理論の批判的考察~
橘木俊詔 『日本の経済学史』法律文化社、2019年10月

--------------
目次

目次
はじめに
第1章 江戸時代の経済思想
第2章 明治初期と輸入経済学
第3章 明治後期と大正初期
第4章 大正後半から昭和初期
第5章 戦後から四半世紀ほど
第6章 近代経済学とマルクス経済学の相克
I 数理経済学の目立った近代経済学
II 戦後のマルクス経済学の隆盛
III なぜ近代経済学とマルクス経済学は交流がなかったのか
第7章 近代経済学の全盛とマルクス経済学の衰退
I 近代経済学の全盛期
II マルクス経済学の退潮
第8章 近代経済学の一人舞台か?
第9章 女性の経済学者
第10章 経済学者は政策の形成と学問に貢献するか
バーナード・マンデヴィル 『新訳 蜂の寓話――私悪は公益なり』鈴木信雄訳、日本経済評論社、2019年10月

----------------------
目次

1 緒言
2 栄茂の蜂の巣 ~悪人が正直者になった話~
3 序文
4 美徳の起源についての考察
5 注釈
6 慈善と慈善学校についての試論
7 社会の本質についての考察
8 本書の弁明
注釈
訳者あとがき
野原慎司・沖公祐・高見典和 『経済学史――経済理論誕生の経緯をたどる』日本評論社、2019年7月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1部 古典派経済学を中心として
 第1章 古代・中世の経済認識
 第2章 重商主義
 第3章 フランス経済学の勃興ーー重農主義
 第4章 古典派経済学の形成:アダム・スミス
 第5章 古典派経済学の展開:リカードウ、マルサス
 第6章 古典派経済学の完成:J・S・ミル
 第7章 大陸経済学の形成:フランスとドイツとオーストリア

第2部 変革期の経済学
 第8章 マルクス学派の始まり:マルクスのポリティカル・エコノミー批判
 第9章 一般均衡理論:ワルラス
 第10章 イギリスの限界革命
 第11章 マルクス学派の展開
 第12章 20世紀前半の需要理論:ムア、ヒックスとアレン、サムエルソン

第3部 現代の経済学
 第13章 20世紀半ばの計量経済学:フリッシュ、ティンバーゲン、コウルズ委員会
 第14章 ゲーム理論の始まり:フォン・ノイマンとモルゲンシュテルン
 第15章 20世紀半ばの一般均衡理論
 第16章 行動経済学の由来:期待効用理論からプロスペクト理論へ
 第17章 有効需要論の発展:ケインズとIS-LMモデル
 第18章 経済成長理論の歴史:ソローを中心として
田畑真一・玉手慎太郎・ 山本圭編 『政治において正しいとはどういうことか――ポスト基礎付け主義と規範の行方』 勁草書房、2019年4月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

序章 ポスト基礎付け主義の問題関心[玉手慎太郎、田畑真一]
 はじめに
 一 ポスト基礎付け主義とは何か
 二 ポスト基礎付け主義における規範
 三 ポスト基礎付け主義とデモクラシー
 おわりに

第1章 アゴニズム再考――ポスト基礎付け主義と民主主義[山本圭]
 はじめに
 一 ポスト基礎付け主義とデモクラシー――ルフォールとラクラウ
 二 擬制としての基礎付け
 三 アゴニズム再考――ウィリアム・コノリーと多元主義の政治理論
 おわりに――アゴニズムとスタシス

第2章 われわれは「明白な不正義」に同意できるか――アマルティア・センのアイデンティティ論の検討から[玉手慎太郎]
 はじめに
 一 センのアイデンティティ論
 二 アイデンティティの複数性とポピュリズム
 三 アイデンティティの複数性と明白な不正義
 四 そして連帯の複数性へ
 おわりに

第3章 熟議民主主義における「正しさと政治」とその調停――熟議システム論を中心に[田村哲樹]
 はじめに
 一 熟議システム論における政治の政治理論的契機
 二 熟議システム論における「正しさ」の探究
 三 「熟議的な正しさ」へ
 おわりに

第4章 批判は可能か――再構成に基づく内在的批判の試み[田畑真一]
 はじめに
 一 批判のあり方――内在的批判と外在的批判
 二 再構成に基づく内在的批判
 三 討議倫理――「強い」再構成に基づく内在的批判の一構想
 おわりに

第5章 イデオロギー研究は「政治における正しさ」について何をいいうるか――マイケル・フリーデンの諸研究の検討を通して[寺尾範野]
 はじめに
 一 政治的リアリズムとイデオロギー
 二 マイケル・フリーデンのイデオロギー研究
 三 ケーススタディ――イギリスの自由主義イデオロギー
 おわりに

第6章 教育におけるポスト基礎付け主義――クリティカル・ペダゴジーの検討から[市川秀之]
 はじめに
 一 ポスト基礎付け主義から見た教育の課題
 二 ポスト基礎付け主義とクリティカル・ペダゴジー
 三 基礎付けとしての教育をめぐって
 おわりに

第7章 「教育」を必要とするデモクラシー――ポスト基礎付け主義としてのプラグマティズム再理解に向けて[生澤繁樹]
 はじめに――デモクラシーは「教育」を必要とする?
 一 プラグマティズムの方法――リスの挿話に見る「包摂」と「寛容」のデモクラシー
 二 「探究」はどこに向かうのか?――デモクラシーとプラグマティズムの躓きの石
 三 「探究」の終わりと終わりのなさ――「余計な真理」から「理想的限界」へ
 四 「教育」への問い――「探究」自体を(不)可能にするもの
 五 「教育」の終わりと終わりのなさ――プラグマティズムと「教育」を引き受けるデモクラシー
 おわりに――「過去」と「未来」の探究のあいだで

第8章 「ポスト基礎付け主義」の「後」で?――存在論の政治的〈適用〉をめぐって[柿並良佑]
 はじめに
 一 基礎付けの不在による政治理論
 二 「政治的存在論」の可否
 三 様々な二項対立――論点の再定式化
 おわりに

第9章 基礎付けなき判断――「政治的なもの」としての反省的判断力とその拡張[大河内泰樹]
 はじめに
 一 反省的判断力と政治――アレント
 二 共通の基盤なき共通感覚――ローティ
 三 コモンセンスの再構成としての政治哲学――ロールズ
 四 判断力の歩行器としての「実例」
 五 判断力の教養形成――ブランダム
おわりに

あとがき
事項索引
人名索引
中矢俊博 『ケインズ経済学研究――芸術家ケインズの誕生を探る』 同文舘出版、2018年11月30日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 ケインズと芸術
     −芸術評議会の理念−
第2章 メイナード・ケインズを取り巻く芸術家たち
第3章 ケインズとケンブリッジ「使徒会」
第4章 ケインズの「若き日の信条」
第5章 ケインズの「敗れた敵、メルヒオル博士」
第6章 ケインズの「わが孫たちの経済的可能性」
第7章 ケインズの『自由放任の終わり』
第8章 ケインズの景気循環論
     −『一般理論』第22章「景気循環に関する覚書」−
第9章 ケインズの経済社会哲学
     −『一般理論』第24章「一般理論の導く社会哲学に関する結論的覚書」−

付論1 ケインズとイギリス・ロマン派詩人パーシー・シェリー
付論2 パリ講和会議:一幕劇(『戯曲:ケインズ』より)