予定表 -詳細情報-

件名 経済学史学会関西部会第180回例会
開始日時 2021年 12月 12日 (日曜日)   (全日イベント)
終了日時 2021年 12月 12日 (日曜日)  
場所 Zoom開催
連絡先 瀬尾崇 t-seo[at]staff.kanazawa-u.ac.jp
詳細 第180回例会プログラム
日時:2021年12月12日(日)13:30 -17:30
場所:Zoomオンライン会議室(協力:同志社大学)

開催校挨拶(13:30-13:35)
第一報告(13:35-14:50)
王 量亮(大阪大学)
「F.D.モーリスの労働者大学における経済学教育:労働者に対する経済学教育の挑戦とその重要性について」

第二報告(14:55-16:10)
佐藤方宣(関西大学)
「1970-1980年代日本の経済学方法論」

第三報告(16:15-17:30)
中澤 信彦(関西大学)
「マンチェスター期エンゲルスのマルサス批判――マルクス主義におけるマルサス批判の始源を探る――」

閉会挨拶
総会

経済学史学会関西部会幹事
瀬尾崇 t-seo@staff.kanazawa-u.ac.jp
吉井哲 yoshii@nucba.ac.jp
西本和見 nishimoto@mecl.chukyo-u.ac.jp
笠井高人 t.kasai@outlook.com


The 180th Kansai Branch Meeting of the Japanese Society for the History of Economic Thought

Date: December 12, 2021
Venue: Zoom Online Meeting Room (Sponsored by Doshisha University)
*Please note that only applicants receive the Zoom link via Email from the secretariat.

Programme

Opening Remarks: 13:30-13:35

Session I (13:35--14:50)
The Teaching of Political Economy in F. D. Maurice’s Working Men’s College: On The Challenge and Importance of Political Economy Education for The Working Men.
Akira OU (Osaka University)

Session II (14:55-16:10)
Economic Methodology in Japan in the 1970s and 1980s.
Masanobu SATO (Kansai University)

Session III (16:15-17:30)
Engels’s Manchester Writings and the Origins of the Marxist Critique of Malthus.
Nobuhiko NAKAZAWA (Kansai University)

General Meeting (17:35-)
カテゴリー 学会
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 12月 4日 (土曜日)
piCal-0.8




この予定は econthought.net にて作成されました
http://econthought.net