予定表 -詳細情報-

件名 経済学史研究会第255回例会
開始日時 2021年 10月 2日 (土曜日)   13時30分 (GMT+09:00)
終了日時 2021年 10月 2日 (土曜日)   17時15分 (GMT+09:00)
場所 オンライン開催
連絡先 原田哲史(関西学院大)tetsushi.harada[at]kwansei.ac.jp
詳細 経済学史研究会第255回例会のご案内

日 時: 2021年10月2日(土)午後1:30より
開催方法: Zoomによるオンラインでの開催

(13:30-15:15)
報告者: 若松直幸(中央大学)
論 題: リカードウの重層的方法――賃金課税と外国補助金の考察
討論者: 久保真(関西学院大学)

II (15:30-17:15)
報告者: 藤本正富(大阪学院大学)
論 題: J.S.ミルの関税論
討論者: 久松太郎(同志社大学)

・コロナ禍に鑑み、例会後の懇親会は中止いたします。
・なお、第256回例会は2021年12月3日(土)を予定しています。


The 255th Meeting of the KG Society for the History of Economic Thought

Date: 2 October 2021: 13:30-17:15
Venue: This meeting will be held online by "Zoom".
Please contact us by e-mail till end 28 September, if you participate. Then we will send "Zoom"-URL etc. to your e-mail address on 30 September or 1 October. Our e-mail address is: kgshet@tetsushi-harada.com

I (13:30-15:15)
Presenter: Naoyuki WAKAMATSU (Chuo University)
Title: On Ricardo’s Multilayered Method: Wage Taxation and Foreign Subsidies Considered
Discussant: Shin KUBO (Kwansei Gakuin University)

II (15:30-17:15)
Presenter: Masatomi FUJIMOTO (Osaka Gakuin University)
Title: J.S.Mill’s Theory of the Tariffs
Discussant: Taro HISAMATSU (Doshisha University)


本研究会や過去の例会については、研究会ホームページ(下記URL)をご参照ください.
http://tetsushi-harada.com/kgshet/

【お問い合せ】
世話人:原田哲史(関西学院大)tetsushi.harada[at]kwansei.ac.jp
事 務:山本由起子 kgshet[at]tetsushi-harada.com

Please contact us for further informations.
T. HARADA (Kwansei Gakuin University): tetsushi.harada[at]kwansei.ac.jp
Y. YAMAMOTO: kgshet[at]tetsushi-harada.com
カテゴリー 研究会
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2021年 7月 20日 (火曜日)
piCal-0.8




この予定は econthought.net にて作成されました
http://econthought.net