予定表 -詳細情報-

件名 現代規範理論研究会
開始日時 2020年 1月 11日 (土曜日)   (全日イベント)
終了日時 2020年 1月 11日 (土曜日)  
場所 専修大学神田キャンパス
連絡先 有賀誠(防衛大学 ariga[at]nda.ac.jp)
詳細 現代規範理論研究会例会のご案内

◆下記の要領にて例会を開催します。どなたでもご自由に奮ってご参加ください。予約不要です。

日時 2020年1月11日(土)14:00-
会場 専修大学神田キャンパス7号館773教室

14:00-

第1報告
「シティズンシップ教育研究における『学校中心主義』――教育/学習を扱う政治理論を模索しながら(仮)」
松山聡史氏(名古屋大学大学院法学研究科博士課程(後期))

参考文献
・Illich, Ivan (1970=1977) Deschooling Society, Marion Boyars.(東洋・小澤周三訳『脱学校の社会』東京創元社)
・Biesta, Gert (2011=2014) Learning Democracy in School and Society Education: Lifelong Learning, and the Politics of Citizenship, Sense Publishers. (上野正道・藤井佳世・中村(新井)清二訳『民主主義を学習する――教育・生涯学習・シティズンシップ』勁草書房)
・Ruitenberg, Claudia (2010) “Learning to Articulate: From Ethical Motivation to Political Demands,” in Gert Biesta (ed.) Philosophy of Education 2010, Philosophy of Education Society.


第2報告
「愛着に基づく領土権の正当化――デイヴィッド・ミラーの議論を中心に(仮)」
小野藍氏(九州大学大学院地球社会統合科学府博士後期課程)

参考文献 
・福原正人(2017)「領有権の正当化理論――国家は何をもって領土支配を確立するのか」『法と哲学』(3)、109-32。
・山岡龍一(2015)「所有権と領土権――規範的政治理論における主権国家概念の再検討」『政治思想研究』(15)、30-57。
・Miller, D. (2012) “Territorial Rights: Concept and Justification,” Political Studies, 60(2), 252-268.
・Ypi, L. (2013) “Territorial Rights and Exclusion,” Philosophy Compass, 8(3), 241-253.


◆今後の例会予定
原則として、奇数月の第2土曜日に開催、1回につき2本報告が入ります。次々回は2020年3月14日です。
2020年3月以降は、まだ報告者が未定です。報告のご希望は、随時、受け付けています。ぜひお早めに事務局(ariga[at]nda.ac.jp)までご連絡ください。
なお、関東圏外から来られる報告者が、旅費・宿泊費(日帰りが困難な場合)を希望される場合には、研究会事務局から支給できる場合があります。遠方の方──特に若手の方──は、積極的にお申し出ください。
また下記のURLで、過去の例会の記録を見ることができます。
http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~the0742/kenkyu/kihanken/kihanken.html

事務局 有賀誠(防衛大学校)
カテゴリー 研究会
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 12月 12日 (木曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。