予定表 -詳細情報-

件名 経済学史学会関西部会第177回例会
開始日時 2019年 12月 15日 (日曜日)   13時30分 (GMT+09:00)
終了日時 2019年 12月 15日 (日曜日)   17時30分 (GMT+09:00)
場所 キャンパスプラザ京都
連絡先 松山直樹 兵庫県立大学 naoki.ma[at]econ.u-hyogo.ac.jp
詳細 経済学史学会関西部会第177回例会のプログラムが確定しましたのでお知らせ致します。
例会にご出席いただける方は、懇親会と合わせて、12月1日(日)までに、以下のアンケートフォームにご回答をお願いします。
このメールには返信しないでください。
https://forms.gle/FZ7GAuHXCtcnHj6z6
うまく送信できなかった方のみ、松山までe-mailで出欠のご回答をお願いします。

他の地域の会員、非会員を問わず、多くの方のご参集をお待ちしております。
宜しくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------

経済学史学会関西部会第177回例会
日時:2019年12月15日(日) 13:30-17:30
会場:キャンパスプラザ京都 6階・第7講習室(龍谷大学)
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

プログラム

第一部 13:30-15:45

第一報告:村井明彦(関西大学)
「ジェヴォンズ効用理論の全体像を求めて―『経済学原理』に至る道」

第二報告:小峯敦(龍谷大学)
「経済学史の講義に教科書は必要か?」

第二部 16:00-17:30
合評会 J.R.コモンズ『制度経済学』(上巻・中巻・下巻)、ナカニシヤ出版。
上巻:http://www.nakanishiya.co.jp/book/b199070.html
中巻:http://www.nakanishiya.co.jp/book/b432501.html
下巻:http://www.nakanishiya.co.jp/book/b432502.html
ヽ詰彑睫澄Ч盒郷晋隋陛豕交通短期大学)
評者:高哲男(九州産業大学)
L者リプライ:中原隆幸(阪南大学:上巻翻訳者),坂口明義(専修大学:中
巻翻訳者),宇仁宏幸(京都大学:中巻・下巻翻訳者)
全体討論

18:00-20:00 懇親会
「旬菜 旬魚 空海山」 https://kuukaisan.owst.jp/
会費:5000円から5500円を想定しています。


The 177th Kansai Branch Meeting of the Japanese Society of the History of Economic Thought

Date: December 15, 2019 (13:30-17:30)
Venue: The Consortium of Universities in Kyoto, 6th floor (Room 7: Ryukoku University)
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

Programme

I. 13:30-15:45

[1] Akihiko Murai (Kansai University)
In Search of the Framework of Jevonsian Utility Theory: Path Toward the "Principles of Economics"

[2] Atsushi Komine (Ryukoku University)
HET Undergraduate Course: are textbooks necessary?

II. 16:00-17:30
Book Review: J.R. Commons, Japanese translation by Takayuki Nakahara (vol.1), Akihiro Sakaguchi(Vol.2), Shingo Takahashi (vol.2), Kota Kitagawa (vol.2, 3), Hiroyuki Uni (vol.2, 3), "Institutional Economics: Its Place in Political Economy", 3 volumes. Nakanishiya Shuppan, 2015 and 2019.
Introduction: Shingo Takahashi (Tokyo Transportation College)
Reviewer: Tetsuo Taka (Kyushu Sangyo University)
Respondents: Takayuki Nakahara (Hannan University), Akiyoshi Sakaguchi (Senshu University), Hiroyuki Uni (Kyoto University)
Question and Answer Session

Party 18:00-20:00

----------------------------------------------------

経済学史学会関西部会幹事:久松太郎(同志社大学)、松山直樹(兵庫県立大学)、瀬尾崇(金沢大学)、吉井哲(名古屋商科大学)
会場校世話人:小峯敦
カテゴリー 学会
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 11月 12日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。