予定表 -詳細情報-

件名 日独合同シンポジウム 「翻訳における文化−世界歴史・世界文化・世界社会−トランスカルチャーにおける日本とドイツ、世界の比較」
開始日時 2019年 10月 10日 (木曜日)   9時30分 (GMT+09:00)
終了日時 2019年 10月 10日 (木曜日)   17時15分 (GMT+09:00)
場所 東京大学本郷キャンパス
連絡先
詳細 日独合同シンポジウム
「翻訳における文化−世界歴史・世界文化・世界社会−トランスカルチャーにおける日本とドイツ、世界の比較」

日時: 2019年10月10日(木)9:30〜17:15(受付9:00〜)、11日(金) 9:00〜12:30(受付8:30〜)
場所: 東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール
主催: 日本学術会議第一部、ドイツ研究振興協会(DFG)

言語: 10日午前中日独英同時通訳、10日午後 第一セッション 英語のみ、以降 日独同時通訳

プログラム(日本語):
https://www.dfg.de/jp/aktuelles/berichte/2019/191010-11_geiwi/index.html
(事前のお申し込みは任意です)

司会:藤原聖子(日本学術会議第一部副部長、東京大学大学院人文社会系研究科教授)

10月10日(木曜日)

9:30  開会挨拶 佐藤岩夫(日本学術会議第一部長、東京大学社会科学研究所教授)
9:45  基調講演 ペーター・シュトローシュナイダー(DFG会長、ミュンヘン大学ドイツ文学科教授)
10:15 ラウンドテーブル 日独の人文社会科学振興策 現状と課題
    井野瀬久美恵(日本学術会議連携会員、甲南大学文学部教授)
    吉見俊哉(日本学術会議連携会員、東京大学大学院情報学環教授)
    ユリカ・グリーム(DFG副会長、エッセン文化研究所 所長)
    モニカ・ヴォールラプ=ザール(ライプチヒ大学文化学科教授)
12:15 お昼休憩
13:00 パネル・ディスカッション 嵒疂弉修汎端豌修離肇薀鵐好ルチャー的融合における世界秼序」
    司会:ナディン・へー(ベルリン自由大学准教授)
    ダニエル・へディンガー(ミュンヘン大学講師)
    マデレーヌ・ヘレン=エッシュ(バーゼル大学教授)
    飯島真里子(上智大学准教授)
    島田 竜登(東京大学准教授)
15:15 パネル・ディスカッション◆嶌Fの世界文学:異文化間で書く」
    司会:ヘンリーケ・シュタール(トリア大学教授)
    リューディガー・ツィマー(ヴッパータール大学教授)
    ハイケ・パウル(エアランゲン=ニュルンベルク大学教授)
    沼野充義(日本学術会議連携委員、東京大学教授)
    本郷均(東京電機大学教授)
17:15 終了

10月11日(金曜日)

9:00 パネル・ディスカッション「世界社会のコミュニケーション条件:グローバルカテゴリーと文化的翻訳」
    司会:クリストフ・クライネ(ライプチヒ大学教授)
       モニカ・ヴォールラプ=ザール(ライプチヒ大学教授)
    ルドルフ・シュティヒヴェー(ボン大学教授)
    ドリス・バッハマン=メディック(ギーセン大学シニアリサーチフェロー) 
    島田信吾(デュッセルドルフ大学教授)
    森川剛光(慶応義塾大学教授)
11:30 総括パネル
12:30 終了

English information:
https://www.dfg.de/en/dfg_profile/head_office/dfg_abroad/japan/reports/2019/190815_kultur/index.html
カテゴリー 講演・セミナー・シンポ
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 9月 27日 (金曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。