予定表 -詳細情報-

件名 「なぜ戦争は食い止められなかったのか」―『経済学者たちの日米開戦』と『戦争調査会』から考える―
開始日時 2019年 6月 23日 (日曜日)   9時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2019年 6月 23日 (日曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 専修大学神田キャンパス
連絡先 恒木 健太郎 専修大学経済学部kenny-ewigbaum[at]isc.senshu-u.ac.jp
詳細 日時:2019年6月23日13時から17時

場所:専修大学神田キャンパス5号館571教室

テーマ:「なぜ戦争は食い止められなかったのか」―『経済学者たちの日米開戦』と『戦争調査会』から考える―



1. 提題報告 定藤 博子氏(鹿児島国際大学経済学部専任講師):

  「開戦の意思決定をしたのは誰か」  

2. 講師 牧野 邦昭氏(摂南大学経済学部准教授):

  「日米開戦と『正確な情報』」

3.講師 井上 寿一氏(学習院大学学長):

  「戦争回避の可能性をめぐる歴史的想像力」



コメント 菅原光所員(本学法学部教授)

司会・コーディネーター 恒木健太郎所員(本学経済学部准教授)



https://www.senshu-u.ac.jp/event/20190623-00000759.html



本研究会では、先の戦争をくいとめられなかった理由について、「リスク選択とデモクラシー」という切り口から考えます。 どなたでも参加できます。事前申込不要でございますので、直接会場へお越しください。



お問い合わせ:



専修大学経済学部准教授

恒木 健太郎

kenny-ewigbaum[at]isc.senshu-u.ac.jp


専修大学社会科学研究所
カテゴリー
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 6月 6日 (木曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。