予定表 -詳細情報-

件名 第2回:現代日本の経済制度部会(制度と統治部会との共催)
開始日時 2018年 11月 17日 (土曜日)   11時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2018年 11月 17日 (土曜日)   18時00分 (GMT+09:00)
場所 関西大学梅田キャンパス
連絡先 西洋(阪南大学 nishi[at]hannan-u.ac.jp)
詳細  進化経済学会・現代日本の経済制度部会は制度と統治部会との共催で11月17日に関西大学・梅田キャンパスにて研究会を下記の要領で行います。
 ふるってご参加くださいますよう,よろしくお願いいたします。

 なお,研究会終了後には梅田近辺で懇親会を予定しています。こちらにもぜひご参加いただければと思いますが,会場の予約の都合上,事前に西(nishi[at]hannan-u.ac.jp)にご参加の希望を11月3日までにご表明ください。宜しくお願い致します。

第2回:現代日本の経済制度部会(制度と統治部会との共催)

会場:関西大学 梅田キャンパス 702号室
所在地(アクセス)については下記URLをご覧ください。
http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/access/

【午前:研究の部】
11:00-12:00
研究「産業構造の変化とGVC(グローバルバリューチェーン):付加価値貿易の観点から」
報告者:田原慎二先生(千葉商科大学)

【午後:合評会】
テーマ:『市民社会と民主主義・レギュラシオンアプローチ』をめぐって

はじめに:13:00−13:10(司会:西)
第1部:執筆者の報告
山田鋭夫先生ご報告「内田義彦の問い:交換的平等と人間的平等」:13:10−13:40

藤田菜々子先生ご報告「市民社会と福祉社会:「日本型」の歴史的・学史的意義」:13:40−14:00

原田裕治先生ご報告「レギュラシオン・アプローチと市民社会論:信頼・制度・資本主義の多様性」:14:00−14:20

植村博恭先生ご報告「『市民社会と民主主義』のリベラル・アワー:市民社会概念の豊富化・戦後経済学の遺産・市民社会民主主義の制度派経済学にむけて」:14:20−15:00

コーヒーブレイク(15分)

第2部:コメント+フロアディスカッション(司会:中原隆幸先生)

植村邦彦先生コメント+フロアクエスチョンとリプライ:15:15−16:05

宇仁宏幸先生コメント+フロアクエスチョンとリプライ:16:00−16:50

小野寺研太先生コメント+フロアクエスチョンとリプライ:16:50−17:40
まとめ:17:40−17:50

18時すぎ:懇親会(梅田近辺)
-----------------------------------------------
カテゴリー 学会
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 9月 18日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。