予定表 -詳細情報-

件名 マルサス学会第28回大会
開始日時 2018年 6月 30日 (土曜日)   (全日イベント)
終了日時 2018年 7月 1日 (日曜日)  
場所 尾道市立大学久山田キャンパス
連絡先 林直樹 (尾道市立大学 hayashi[at]onomichi-u.ac.jp)
詳細 マルサス学会第28回大会のご案内

本年度のマルサス学会第28回大会を下記要領にて開催いたします。会員の皆様には奮って御参加くださいますよう御案内申し上げます。


日 程 2018年6月30日(土)・7月1日(日)

会 場 尾道市立大学久山田キャンパス E棟204講義室
    〒722-8506 広島県尾道市久山田町1600番地2
    Tel: 0848-22-8311(代表)
アクセス情報:尾道市立大学ホームページ http://www.onomichi-u.ac.jp/access.html?node_id=480:;


プログラム

【1日目】 6月30日(土)

 13:00〜  受付

 13:20〜13:30  開会の辞(開催校担当 林直樹)

 13:30〜14:50  第1報告 荒井智行(下関市立大学)  司会:久保真(関西学院大学)
 「D. スチュアート『政治経済学講義』の解釈とフランス・エコノミスト哲学からの影響」

 15:00〜16:20  第2報告 益永淳(中央大学)  司会:福田進治(弘前大学)

「エドワード・ウェストの穀物法論──その理論構造と学説史的位置」

 16:20〜16:50  コーヒーブレイク

 16:50〜18:00  特別講演 佐藤滋正(尾道市立大学名誉教授)  司会:福田進治(弘前大学)

「リカードウの価値尺度論について」

 19:00〜21:00  懇親会


【2日目】 7月1日(日)

 10:00〜11:20  第3報告 中澤信彦(関西大学)&王量亮(大阪大学・院) 司会:柳沢哲哉(埼玉大学)

 「サウジーのマルサス批判──「貧民の敵」マルサス像の起点を探る」

 11:30〜12:30  総会

 13:30〜14:50  第4報告 林直樹(尾道市立大学)  司会:佐藤有史(立教大学)

 「「ウッドの半ペンス」再考」

 15:00〜16:20  第5報告 山崎 好裕 (福岡大学)  司会:出雲雅志(神奈川大学)

 「ジョルジュ・バタイユの普遍経済へのマルサスの影響について」

 16:20〜16:30  閉会の辞(森下宏美会長)

交 通 JR山陽本線尾道駅からバス30分(280円)あるいはタクシー15分(約1900円)

    山陽新幹線新尾道駅よりバス15分(230円)あるいはタクシー10分(約1300円)

※ 大会についてのお問い合わせは、マルサス学会事務局(fujitayuh@kushiro-pu.ac.jp)あるいは大会事務局までお願いいたします。


第28回大会事務局
〒722-8506 広島県尾道市久山田町1600番地2
尾道市立大学久山田キャンパス 林直樹研究室
E-mail: hayashi[at]onomichi-u.ac.jp
カテゴリー 学会
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 6月 20日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。