予定表 -詳細情報-

件名 ジェームズ・ハリス教授講演会
開始日時 2018年 6月 20日 (水曜日)   (全日イベント)
終了日時 2018年 6月 20日 (水曜日)  
場所 学習院大学
連絡先 下川潔(学習院大学 Kiyoshi.Shimokawa[at]gakushuin.ac.jp)
詳細  ヒュームと18世紀ブリテンの哲学史を研究し、現在、18世紀の政治思想史の再検討に取り組んでいるジェームズ・ハリス教授(Prof.
James Harris, University of St
Andrews)の講演会を開催いたします。ロックの政治思想をフィルマーとの関連から、あらためて見直します。


ジェームズ・ハリス教授講演会

日時:6月20日(水曜)4時半から

場所:学習院大学北2号館(文学部研究棟)10階大会議室

論題: ‘Locke versus Filmer Revisited’ 
     「再考:ロック対フィルマー」

主催:学習院大学人文科学研究所

どなたでも参加できます。入場無料です。講演は英語でなされますが、主要論点を日本語で通訳いたします。講演で読まれるペーパーの要旨は以下の通りです。


James Harris, ‘Locke versus Filmer revisited’


I argue that Filmer’s political thought is as important to understanding
the publication of the Two Treatises as it is to understanding the
work’s initial composition. I show that in the First Treatise Locke
focuses on the de facto aspect of Filmer’s theory of political
obligation. De facto theory was prominent in English political debate
after the Glorious Revolution. I draw attention to ways in which in the
Second Treatise Locke seeks to moderate the consequences of the doctrine
of natural liberty, thereby addressing Filmerian worries about that
doctrine being productive of sedition and instability.
カテゴリー 研究会,講演・セミナー・シンポ
投稿者 sato
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 6月 14日 (木曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。