前月 昨日
2017年 4月 29日(土)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 予定一覧表示
 13時30分〜17時15分
経済学史研究会・第240回大会
経済学史研究会 第240回例会のご案内

日 時  2017年4月29日(土)午後1時30分より
場 所  関西学院大学・池内記念館(第2教授研究館)1階・第1研究会室

I (13:30-15:15)
報告者:間嶋 豊弘(早稲田大学大学院経済学研究科院生)
タイトル:均衡概念をめぐるJ.J.ベッヒャーとJ.スチュアートとの比較分析
討論者:原田哲史(関西学院大学)

II (15:30-17:15)
報告者:若松直幸(神戸大学大学院経済学研究科院生)
タイトル:デイヴィッド・リカードウの「課税の原理」——理論と実際
討論者:堂目卓生(大阪大学)

* 例会後、午後6時より、甲東園の「今昔庵」で懇親会を予定しています。
* なお、第241回例会は2017年7月1日(土)を予定しています。

****************************************************************************

The 240th Meeting of the KG Society for the History of Economic Thought

Date: 29 April 2017: 13:30-17:15
Venue: Room 1 on the ground floor, Ikeuchi Memorial, Kwansei Gakuin University

I (13:30-15:15)
MASHIMA Toyohiro (Waseda University) ‘J.J. Becher and J. Steuart: Comparative Analysis of the "Balance"’
Discussant: HARADA Tetsushi (Kwansei Gakuin University)

II (15:30-17:15)
WAKAMATSU Naoyuki (Kobe University) ‘David Ricardo and the "Principles of Taxation": Theory and Practice’
Discussant: DOME Takuo (Osaka University)

 

  年       <今日>
piCal-0.8
印刷