研究会blog - 201202のエントリ

第10回研究会について

カテゴリ : 
研究会
執筆 : 
sato 2012-02-05
 今回は2つのセッションがあります。

 第1セッションは、3月20日に開催される「経済学史研究者による
福島ミーティング」の準備報告です。震災・原発事故後の東北の
大学/大学人の経験について、公表されている資料・文献に基づき
一般的な概括を行い、議論出来ればと思います。

 第2セッションでは、著書『減速して生きる ダウンシフターズ』(幻冬舎)
で知られ、震災・原発事故以降の「食」をめぐる動向に
詳しい高坂勝氏より、ご自身の体験や、日本各地のさまざまな動きや
運動の広がりについてお話しいただきます。

 当研究会は所属・身分・専門の別を問わずご参加いただけますが、
配付資料や会場準備の関係上、可能な限り事前のご連絡をお願い
しています。当日朝の連絡でも結構ですので、どうぞご協力お願い
いたします。

(文責:佐藤方宣 大東文化大学経済学部 masasato[at]ic.daito.ac.jp)

第10回研究会のご案内

カテゴリ : 
研究会
執筆 : 
sato 2012-02-05
http://econthought.net/modules/pico/0010.html
-----------------------------------------------
現代経済思想研究会(第10回)のご案内

・下記の要領で第10回研究会を開催いたします。
・終了後、懇親会も開催いたします。ぜひご予定にお組み入れ
いただけますと幸いです。

●日時:2012年2月18日(土曜)、午後2時より
●会場:東洋大学・白山キャンパス、1号館1310教室(1206教室から変更)
 http://www.toyo.ac.jp/access/access_j.html
 http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html

●第1セッション 
 佐藤方宣(大東文化大学)
「震災と教育研究機関としての大学」
 
 司会兼討論者:高橋聡(中央大学ほか)

●第2セッション 
 高坂勝(Organic Bar「たまにはTSUKIでも眺めましょ」店主、
     ナマケモノ倶楽部世話人/NPO法人SOSA PROJECT代表)
「3・11以降の『食』」

 司会兼討論者:板井広明 (青山学院大学ほか)

・なお当研究会は所属・身分・専門の別を問わずご参加いただけますが、
配付資料や会場準備の関係上、可能な限り事前のご連絡をお願いしています。
当日朝の連絡でも結構ですので、どうぞご協力お願いいたします。

※ 連絡先:世話人代表・佐藤方宣(masasato[at]ic.daito.ac.jp).
※ 研究会の詳細については情報サイトもご参照ください.
  http://econthought.net/
今後の予定

新たな予定

カレンダー
前月2017年 12月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>