研究会blog - 200907のエントリ

[第3回研究会] 原谷報告の関連文献

カテゴリ : 
文献
執筆 : 
sato 2009-07-02
 第2セッション報告者の原谷直樹さんからも,関連文献のご教示をいただきました(こちらも書籍についてはリンクを張ってあります).

 「[*]」マークをつけたMäki[2000][2005],Morgan[2005]などが主要な検討対象となるそうですので,事前に目を通していただけると,当日の議論が実り多きものとなるかと存じます(文責:佐藤方宣).

-------------------------------------------------------------------------------------
■ 関連文献 (原谷直樹 「実在論とレトリックを超えて? (仮)」)

Boylan, Thomas A., and Paschal F. O’Gorman. 1995. Beyond Rhetoric and Realism in Economics: Towards a Reformulation of Economic Methodology. Oxon: Routledge .
・Hausman, Daniel M. 1998. Problems with Realism in Economics. Economics and Philosophy. 14: 185-213.
Klamer, Arjo. 2007. Speaking of Economics: How to Get in the Conversation. Oxon: Routledge.
Lawson, Tony. 1997. Economics and Reality. Oxon: Routledge . 八木紀一郎監訳、江頭進・葛城政明訳『経済学と実在』日本評論社、2003年
・[*]Mäki, Uskali. 2000. Reclaiming Relevant Realism. Journal of Economic Methodology. 7(1): 109-125.
Mäki, Uskali, ed. 2001. The Economic World View: Studies in the Ontology of Economics. Cambridge: Cambridge University Press .
Mäki, Uskali, ed. 2002. Fact and Fiction in Economics: Models, Realism and Social Construction. Cambridge: Cambridge University Press .
・[*]Mäki, Uskali. 2005. Models are Experiments, Experiments are Models. Journal of Economic Methodology, 12(2): 303-315.
McCloskey, D. N. 1998 [1985]. The Rhetoric of Economics, Madison: University of Wisconsin Press . 長尾史郎訳『レトリカル・エコノミクス:経済学のポストモダン』ハーベスト社、1992年
Morgan, Mary S., and Margaret Morrison, eds. 1999. Models as Mediators: Perspectives on Natural and Social Science. Cambridge: Cambridge University Press .
・[*]Morgan, Mary S. 2005. Experiments versus Models: New Phenomena, Inference and Surprise. Journal of Economic Methodology, 12(2): 317-329.
-------------------------------------------------------------------------------------

[第3回研究会] 桑田報告の関連文献

カテゴリ : 
文献
執筆 : 
sato 2009-07-02
 第1セッション報告者の桑田学さんから,関連文献のご教示をいただきました(書籍についてはリンクを張ってあります).

 「[*]」マークをつけたWissenburg[2001a][2006]などが主要な検討対象となるそうですので,事前に目を通していただけると,当日の議論が実り多きものとなるかと存じます(文責:佐藤方宣).

-------------------------------------------------------------------------------------
■ 関連文献 (桑田学 「エコロジズムと自由主義の再構成をめぐって (仮)」)

・Hannis, Michael. [2005] ‘Public Provision of Environmental Goods: Neutrality or Sustainability? A Reply to David Miller,’ Environmental Politics 14/5, 577-597.
・Keat, Russell. [2000] ‘Market Boundaries and Human Goods,’ in J. Haldane(ed.), Philosophy and Public Affairs, Cambridge: Cambridge University Press.
・Noohan, Jeff. [2002] ‘Democracy, Pluralism, and the Life-Ground of Value,’ Capitalism, Nature, Socialism 13/4, 85-102.
O’Neill, John. [1993] Ecology, Policy and Politics, London: Routledge .
O’Neill, John. [2007] Markets, Deliberation and the Environment, London: Routledge .
・Stephens, Piers. [2001a] ‘Green Liberalism: Nature, Agency and the Good,’ Environmental Politics 10/3, 1-22.
Wissenburg, Marcel. [1998] Green Liberalism: The free and the green society, London: Routledge .
・[*]Wissenburg, Marcel. [2001a] ‘Sustainability and the Limits of Liberalism,’ in M. Wissenburg and J. Barry (eds.), Sustaining Liberal Democracy: Ecological Challenges and Opportunities, Palgrave Macmillan.
・[*]Wissenburg, Marcel. [2006] ‘Liberalism,’ in A. Dobson and R. Eckersley (eds.), Political Theory and the Ecological Challenge, Cambridge: Cambridge University Press .
-------------------------------------------------------------------------------------

第3回研究会のご案内

カテゴリ : 
研究会
執筆 : 
sato 2009-07-02
-------------------------------------------------
現代経済思想研究会(第3回)のご案内

・下記の要領で第3回研究会を開催いたします。
・終了後、懇親会も開催いたします。ぜひご予定にお組み入れいただけますと幸いです。

●日時:2009年8月8日(土曜)、午後2時より
●会場:東洋大学・白山キャンパス:3号館2階・第2会議室 
 http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan_j.html
 http://www.toyo.ac.jp/campus/hakusan_j.html

●第1セッション [環境思想の現在]   
 桑田学 (東京大学大学院総合文化研究科博士課程/日本学術振興会特別研究員)
 「エコロジズムと自由主義の再構成をめぐって (仮)」

●第2セッション [経済学方法論の現在] 
 原谷直樹 (東京大学大学院総合文化研究科博士課程/明治大学)
 「実在論とレトリックを超えて? (仮)」

 司会:佐藤方宣 (大東文化大学経済学部)

・なお当研究会は所属・身分・専門の別を問わずどなたでもご参加いただけますが、配付資料や会場準備の関係上、可能な限り事前のご連絡をお願いしております。当日朝の連絡でも結構ですので、どうぞご協力お願いいたします。

※ 連絡先:世話人代表・佐藤方宣(masasato[at mark]ic.daito.ac.jp).
※ 研究会の詳細については情報サイトもご参照ください.
  http://econthought.net/
-------------------------------------------------