近刊・新刊情報 - 202001のエントリ

フィリップ・スコフィールド『功利とデモクラシー――ジェレミー・ベンサムの政治思想』川名雄一郎・高島和哉・戒野通弘訳、慶應義塾大学出版会、2020/1/11

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

日本語版への序文
序文
凡例
略記一覧

第1章 現実的実体とフィクション的実体
第2章 功利性の原理
第3章 自然法と自然権
第4章 フランス革命
第5章 邪悪な利益の出現
第6章 議会改革
第7章 教会
第8章 植民地と憲法
第9章 法典化、憲法、共和主義
第10章 公開性、責任、政府のアーキテクチャ
第11章 邪悪な利益への解毒剤――公職適性
第12章 法改革の政治学
第13章 最後のことごと

ジェレミー・ベンサム、その知的世界への再アプローチ――解説に代えて

訳者あとがき
文献一覧

索 引
牧野邦昭 『新版-戦時下の経済学者―経済学と総力戦 』中公選書、2020/1/17

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 河上肇―戦時下の経済思想の「先駆け」
 (ナショナリスト・河上肇、河上が体験したドイツの戦時経済体制 ほか)
第2章 陸海軍と経済学者
 (国防に利用される経済、陸軍秋丸機関(陸軍省戦争経済研究班)の結成 ほか)
第3章 経済新体制をめぐって
 (イデオロギー対立のなかに置かれた経済新体制案、柴田敬―一般均衡理論とマルクス経済学の統合 ほか)
第4章 思想戦のなかの経済学
 (思想対策の手段とされた経済学、『国体の本義』の経済思想 ほか)
第5章 「近代経済学」とは何だったのか
 (「近代経済学」が意味するところ、高田保馬の苛立ち―日本の社会科学の低水準 ほか)