近刊・新刊情報 - 201807のエントリ

中村隆之『はじめての経済思想史――アダム・スミスから現代まで』講談社現代新書、2018年6月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 アダム・スミス―資本主義の道徳的条件
第2章 J.S.ミルとマーシャル―労働者階級への分配と成長
第3章 ケインズ―「金融」が資本主義を歪める
第4章 マルクス―「私有」を問い直す
第5章 ハイエク―「私有財産権」の絶対性
第6章 フリードマン―「市場主義」の扇動者
第7章 組織の経済学―現代の経済理論における株主の位置づけ