• カテゴリ 近刊 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

近刊・新刊情報 - 近刊カテゴリのエントリ

野原慎司・沖公祐・高見典和『経済学史――経済理論誕生の経緯をたどる』日本評論社、2019年7月

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1部 古典派経済学を中心として
 第1章 古代・中世の経済認識
 第2章 重商主義
 第3章 フランス経済学の勃興ーー重農主義
 第4章 古典派経済学の形成:アダム・スミス
 第5章 古典派経済学の展開:リカードウ、マルサス
 第6章 古典派経済学の完成:J・S・ミル
 第7章 大陸経済学の形成:フランスとドイツとオーストリア

第2部 変革期の経済学
 第8章 マルクス学派の始まり:マルクスのポリティカル・エコノミー批判
 第9章 一般均衡理論:ワルラス
 第10章 イギリスの限界革命
 第11章 マルクス学派の展開
 第12章 20世紀前半の需要理論:ムア、ヒックスとアレン、サムエルソン

第3部 現代の経済学
 第13章 20世紀半ばの計量経済学:フリッシュ、ティンバーゲン、コウルズ委員会
 第14章 ゲーム理論の始まり:フォン・ノイマンとモルゲンシュテルン
 第15章 20世紀半ばの一般均衡理論
 第16章 行動経済学の由来:期待効用理論からプロスペクト理論へ
 第17章 有効需要論の発展:ケインズとIS-LMモデル
 第18章 経済成長理論の歴史:ソローを中心として
中矢俊博 『ケインズ経済学研究――芸術家ケインズの誕生を探る』 同文舘出版、2018年11月30日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 ケインズと芸術
     −芸術評議会の理念−
第2章 メイナード・ケインズを取り巻く芸術家たち
第3章 ケインズとケンブリッジ「使徒会」
第4章 ケインズの「若き日の信条」
第5章 ケインズの「敗れた敵、メルヒオル博士」
第6章 ケインズの「わが孫たちの経済的可能性」
第7章 ケインズの『自由放任の終わり』
第8章 ケインズの景気循環論
     −『一般理論』第22章「景気循環に関する覚書」−
第9章 ケインズの経済社会哲学
     −『一般理論』第24章「一般理論の導く社会哲学に関する結論的覚書」−

付論1 ケインズとイギリス・ロマン派詩人パーシー・シェリー
付論2 パリ講和会議:一幕劇(『戯曲:ケインズ』より)
 ・土橋俊寛 『ゲーム理論』 日本評論社、2018年11月20日

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

はしがき
序 ゲーム理論とは何か

第1章 ゲーム理論とは何か?
第1部 戦略形ゲーム
第2章 戦略形ゲームとは
第3章 支配される戦略の逐次消去
第4章  ナッシュ均衡
第5章 囚人のジレンマと支配戦略
第6章 複数均衡とフォーカルポイント
第7章 純粋戦略と混合戦略
第8章 利得行列で書き表せない戦略形ゲーム

第2部 展開形ゲーム
第9章 展開形ゲームとは
第10章 部分ゲーム完全均衡
第11章 理論と現実の関係:実験ゲーム理論について

第3部 情報構造が重要なゲーム
第12章 不完全情報ゲーム
第13章 情報不完備ゲーム
第14章 オークション
第15章 逆選択
第16章 シグナリングゲームと完全ベイジアン均衡
章末問題のヒントと考え方
井上彰編 『ロールズを読む』 ナカニシヤ出版 、2018年10月20日発売予定

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

ロールズを読む・序(井上彰)

第吃堯.蹇璽襯裟亀創世諒法と射程

 第一章 規範的社会理論はいかにして可能か
      ――ロールズ『正義論』の挑戦と挫折(盛山和夫)

 第二章 ロールズと倫理学方法論(松元雅和)

 第三章 安定性から読み解くロールズの転回問題(宮本雅也)

 第四章 ロールズと人権(木山幸輔)

 第五章 ロールズと人生計画
      ――法哲学の観点から(若松良樹)

 第六章 生還者の自尊
      ――善の希薄理論のために(小泉義之)

第局堯.蹇璽襯裟亀創世悗陵諭垢淵▲廛蹇璽

 第七章 ロールズと法理学
      ――ハート、ドゥオーキンとの関係を中心に(田中成明)

 第八章 政治思想史におけるロールズ
      ――政治社会の安定性という観点から(齋藤純一)

 第九章 ロールズと規範経済学(加藤晋)

 第十章 ロールズと経済学史
      ――『正義論』へのナイトの影響が意味するもの(佐藤方宣)

 第十一章 ロールズと生命倫理学(額賀淑郎)

 第十二章 ロールズと社会福祉学
       ――脆弱性を抱えるすべての人々を包摂する正義の理論に向けて(角崎洋平)

 第十三章 企業の社会的責任とロールズ正義論(井上彰)


索引(人名/事項)
バーリ・ゴードン『古代・中世経済学史』村井明彦訳、晃洋書房 、2018年10月20日発売予定

 版元の紹介ページはこちら

----------------------
目次

第1章 プラトン以前
 1 ヘシオドスと自己充足の経済学
 2 ソロンと紀元前六世紀のアテナイ
 3 ペリクレス期アテナイの劇作家とソピスト

第2章 ソクラテス派経済学の考え方
 1 都市国家の衰退
 2 プラトンとアリストテレス
 3 ソクラテス派経済学の基盤
 4 特化の反成長論
 5 目的の科学としての経済学
 6 手段の獲得
 7 クセノポンほかのソクラテス派の寄与

第3章 ソクラテス派経済分析の四論点
 1 貨幣の本質と機能
 2 利  子
 3 共同所有と私的所有
 4 価 値 論

第4章 経済活動に関する聖書や教父の見解
 1 旧約聖書
 2 新約聖書
 3 東方教父
 4 西方教父

第5章 法学者の経済学――ユダヤ法学、ローマ法学、教会法学
 1 ミシュナ
 2 ローマ法の伝統
 3 教 会 法

第6章 聖トマス・アクィナス
 1 経済学の位置づけ
 2 貨幣・利子・銀行業
 3 価値と価格
 4 価値、所有、所得、仕事

第7章 スコラ経済学の貨幣思想、1300‐1600年
 1 貨幣悪鋳が投げかけた問題
 2 停止利益の容認
 3 商品としての貨幣――為替と年金

第8章 スコラ思想における価格と価値、1300‐1600年
 1 十三世紀後半と十四世紀――オリヴィ、スコトゥス、ビュリダン、ランゲンシュタイイン
 2 十五世紀――ジェルソン、ニーダー、サンベルナルディーノ、コンソブリヌス
 3 十六世紀――カエタヌス、ソト、アスピルクエタ、モリナ、ほか

第9章 偉大なるレオナルドゥス・レッシウス
 1 停止利益
 2 貨幣喪失
 3 貸付と為替
 4 価格と市場
 5 賃金の決定
 6 独  占
 7 後代との対比
福原明雄 『リバタリアニズムを問い直す: 右派/左派対立の先へ』ナカニシヤ出版、2017年4月

 版元の紹介ページはこちら

-------------------------------
目次

はじめに――リバタリアニズムの状況から

第一章 リバタリアニズムの自画像を描きなおす――国家規模論から分配原理論へ

第二章 リバタリアニズムと正当化根拠

第三章 自己所有権と「リバタリアニズムの人間観」

第四章 自己所有権と自由――干渉の欠如から、自己所有権に形態を規定された自由へ

第五章 リバタリアニズムと分配原理
      ――「中道リバタリアニズム」への道案内

おわりに

参考文献
索引
田上孝一編著『権利の哲学入門』社会評論社、2017年2月

-------------------------------
目次

第I部 - - - - 権利の思想史

第1章 アリストテレス政治哲学における権利概念 - - - - 石野敬太
第2章 古代ローマにおける市民権と自由 - - - - 鷲田睦朗
第3章 トマス・アクイナスにおける私的所有権 - - - - 川元 愛
第4章 ホップスの権利論 - - - - 新村 聡
第5章 ロックの権利論 - - - - 小城拓理
第6章 ルソーの権利論 - - - - 吉田修馬
第7章 カントの権利論 - - - - 綱谷壮介
第8章 J・S・ミルの権利論 - - - - 小沢佳史
第9章 ヘーゲルの権利論 - - - - 荒川幸也
第10章 マルクスの権利論 - - - - 松井 暁

第II部 - - - - 現代の権利論

第11章 現代リベラリズムにおける権利論 - - - - 高木智史
第12章 権利基底道徳と権利の正当化の問題 - - - - 伊藤克彦
第13章 権利と潜在能力アプローチ - - - - 玉手慎太郎
第14章 プロレタリアと想像力への権利 - - - - 入江公康
第15章 市民の権利 - - - - 斉藤 尚
第16章 国家は誰のものか? - - - - 近藤和貴
第17章 フェミニズムの権利論 - - - - 柳原良江
第18章 患者の権利 - - - - 勝井恵子
第19章 将来世代の権利 - - - - 永石尚也
第20章 動物の権利 - - - - 田上孝一